VUCA時代に道を拓く ビジネスマン研修

【すべての事業者様に送る、20年間、平成ミレニアル世代へのコーチングに携わってきた経験が生んだ、レクチャー&コーチング&トレーニング!困り事の解決策を提供します!】

(A)『平成ミレニアル世代』が活躍する!ために
「ミレニアル世代」と共に!
事業を活性化すれば、「VUCA時代の主役」になれる!

(B)『売上倍増』にチャレンジする!ために
「VUCA時代」だからこそ!
「NEW・ディレクション・ワールド」へ!

【新規に・多方向に・同時進行で・多次元の成果をもたらし、かつ、最高の結果に繋ぎます!】

 当研修は、経営者様から社員様まで全ての方を対象としており、「VUCA時代※1」を生き抜くための「DX人材※2」の育成を目指します。特に、「DX人材」の基盤となる、『人物力の育成』に焦点を当てています。人物力は、すべての業種・職種で必要とされる普遍的な能力であり、弊社が研究し続けてきた、最も得意とする分野です。

 この「VUCA時代」を受容して活躍できるようになるために、『今後の社会では、どのような考え方が必要になるのか』・『意識改革』等を、討論・英語ゲーム等の体験を通して、『変革をサポート』いたします。人格を支えている「認識基盤」が変化することで、「思考傾向」・「世界の見え方」・「相手への理解度」・「自身の感情の把握の仕方」等が変わります。この『基盤の再形成を実現するアプローチ』が、この研修の最大の特徴です。

 社員ひとりひとりが明るく元気になり、それぞれの個性・能力を上手に生かしながら、『会社のミッションに対して全員が一丸となってワクワクしながら挑戦する喜び』を、ぜひ、手に入れていただきたいと思います。

※1. VUCA:
Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取り、ビジネスにおける予測困難な状況を表している造語。

※2. DX(Digital Transformation):
企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズに応じた製品・サービス・ビジネスモデルへと変革するとともに、業務そのものや、組織・プロセス・企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

開催形式 オンライン研修
開催日時 お申し込み受付中!
講  師 林 克哉 等
受講対象 全業種対象&経営者様から社員様まで、すべての方を対象としております。
料金 【VUCA対策動画研修】
1回:60分
1人視聴:3,300円(税込)

【世代間ギャップ対策動画研修】
1回:60分
1人視聴:3,300円(税込)

【人物力スキルUPトレーニング】
1回:90分
1人参加:11,000円(税込)

【英会話基盤脳力形成トレーニング】
※ただいま準備中
1回:90分
1人参加:11,000円(税込)

【驚きの上達!BioFeedback学習&訓練法】
1回:40分
1人視聴:3,300円(税込)

講座詳細

VUCA対策動画研修

複雑多様で流動的、かつ、曖昧で判断基準が見え難い、「VUCA時代」・・・。

「PDCAサイクルは成功率が64%しかない」ことが判明し、世界のトップ企業はTECAU理論』に乗り換えました。

では、そのポイントは、何か。

自社に活かすには、どうすればいいか

これらの考え方を、具体的に伝えます。

世代間ギャップ対策動画研修

「ゆとり世代」「平成ミレニアル世代」の奔放さに驚き戸惑う昭和の頑張り世代」からすると、『世代間ギャップ』は頭の痛い厄介な問題――。

そこで、「日本人の特質」「平成ミレニアル世代の特質」を踏まえた『世代間ギャップ克服の具体的なメソッド』を、キャリア教育の専門家がレクチャーします。

全業種対象の解説です。

人物力スキルUPトレーニング

コミュニケーション力の基本は、『質疑応答力』です。

この力を育成するには、『集団討論を行うこと』が、もっとも有効なトレーニング法です。

長年、大学内で、人物試験対策として集団討論指導を行ってきた、当社独自のメソッドを用いた討論は、楽しく、短時間で、コミュニケーション力が向上します。

英会話基盤脳力形成トレーニング

※ただいま準備中

英語コミュニケーションの課題は、「『英語脳』を手に入れられるか否か」です。

このトレーニング講座は、『GAME』として進行しますので、苦しんで学ぶことはありません。

むしろ、GAMEを楽しんでいただけますと、次第に、いつの間にか、『英語で考え始めている自分』に驚くでしょう。

1回だけの参加も大丈夫です。

空いている枠に、自由に参加できます。

驚きの上達!BioFeedback学習&訓練法

かつて、「宇宙飛行士」が、数千種にも及ぶ操作手順を身に付けるために、編み出されたとされる技術です。

この技術は、「暗記だけではなく、『解釈』を記憶に定着させる方法」として、極めて有効なノウハウです。

たとえば、教科書であれば『3回目で98%を身に付けさせてくれます』し、スポーツ技術も『3回でほぼ完璧な動作を身体が覚えてくれる』のです。

講師紹介

Foster Ltd. 取締役
林 克哉

高校・大学での講演、公務員研修、大学内での人物評価試験対策、中小企業の新人研修などで実績をあげてきた、論理思考力育成と若手人材の人物力向上(人物評価対策)指導のプロフェッショナルです。

国内約90大学で、教員試験対策、公務員試験対策、就職試験対策、大学生のエントリーシート・志望理由書・自己アピール・論文等の作成指導や面接指導を、学内での講義と個別添削によって実施してきました。

詳しいプロフィールはこちら

マイベストプロの取材記事はこちら

<受講用資料>

【フィールド】
(A)分野・事業の説明

【実態・実情】
(B)現状・課題(誰にとっての損失か)
(C)現行の対策

【可能性】
(D)新規技術・未挑戦の対策

【未来像】
(E)対策シミュレーション

【実例】
(F)実践例・事業者の実例